無外流居合道連盟 寶祥会

無外流居合道とは

  無外流居合兵道(むがいりゅういあいひょうどう)とは、日本古来の伝統武道である居合道の一流派です。江戸時代、江戸麹町に道場を開いた近江甲賀郡(滋賀県)出身の辻月丹資茂(つじげったんすけもち)を流祖とし、現在の兵庫県や大阪府など関西地方に広く普及した流派です。
現在の無外流は、無外流中興の祖である中川士龍(なかがわしりゅう)先生によって「無外流居合兵道」として確立しました。15代 塩川寶祥照成(しおかわほうしょうてるしげ)先生になり、日本各地、さらには海外まで普及しました。